無料送迎バス運行中!!詳しくはこちら

ベストレート保証

富士山6月ラベンダー フェスティバル

一年で一番旅行がお得になる時期。それが6月。そしてこの6月の旅のお薦めは、富士山・河口湖のラベンダー。この絶景は今しかない!

 

一年で旅行が一番お得になる時期と言えば、実はこの6月。特に日本国内では6月はどうしても梅雨。さらに一年で唯一祝日がない月でもあり(2015年までは8月も祝日がないのですが2016年からは「山の日」という祝日ができるのです)旅行しづらいというイメージがあるからでしょう。

でもその分、色々なところでSpecialなサービスがあって、お得に旅ができるのがこの季節なんです。

→ということで「富士緑の休暇村」にもこんなお得な特別宿泊企画があります。

syabusyabu

「期間限定」甲州【富士桜ポーク】のしゃぶしゃぶ食べ放題プラン

 

さてそれでは何処に行くか?

祝日がないのであまり遠出しないで、短期期間で楽しめるところを考えると・・・

この6月一番のお薦めはやっぱり富士山・河口湖周辺ではないでしょうか。

6月富士山・河口湖周辺ではいよいよラベンダーの花が咲き始めます。

そう、まさに最近ポスターなどでよく見かける「紫色のラベンダーが一面に咲く花畑の向こうの富士山」という写真とおなじあの絶景を楽しむチャンスがいよいよやってくるのです。

lavender_1

さらに富士山河口湖の周辺のラベンダー開花時期にあわせて、河口湖周辺では「河口湖ハーブフェスティバル」が開かれます。(2015年は6月19日〜7月12日 ※大石会場は7月20日まで)

開かれているのは河口湖をはさんで北側の湖畔の大石公園と反対側南側の八木崎公園の2カ所。ラベンダーの見所もこの2カ所が中心になります。

富士山が河口湖の南側ですから、ラベンダー越しの富士山を見ようと思ったら北側の「大石公園」へ。

 

ラベンダーそのものは南側の「八木崎公園」のほうが花畑の規模も大きく花がきれいで、しかもハーブ関連の出店や軽食コーナーが充実しているという話もありますので、やっぱり2カ所を回るのがお薦めかも。

(2開場をつなぐバスもあります)

 lavender_5

lavender_6

そのほかにも大石側にも近隣の農産物を売るお店が出来たり、6月中旬〜7月上旬はサクランボ狩り、さらに7月上旬からはブルーベリー刈りなんかも出来ますから旅行の楽しみも広がること間違いなし。

そこそこ探検隊でもラベンダーの開花情報や現地の情報をお知らせしていきます。

lavender_4

「河口湖ハーブフェスティバル」の詳しい内容は

http://www.fujisan.ne.jp/event/info.php?if_id=672&ca_id=3

「サクランボ狩り」の情報は

http://www.seikatsukan.jp/

 

 

2015年6月16日時点(ハーブフェスティバル開催前)の大石公園

・八木崎公園の様子

lavender_2

lavender_3

満開までは、まだあと少し・・・♪